ホーム > 補助金制度について

補助金制度について

全量買取制度とは?

イメージ

事業所などの非住宅における太陽光発電システムにて発電した電力全てを電力会社に一定の価格で買い取ってもらうことを義務付けた制度です。
正式には「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法案」として法律にて制定されており、平成23年3月11日午前に閣議決定され、8月26日に法案成立しました。
施行されたのは2012年7月1日になります。
太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーにて発電した全電力を、電力会社が固定の価格で買い取ることを義務付けた制度のことです。この制度は一定の条件を満たす場合に、発電した全電力量を一定の期間・価格で電力会社が買い取るため、「全量買取制度」と呼ばれます。

全量買取制度のメリット

イメージ

全量買取制度を施行することで、発電事業者側のメリットは何があるかは、いまだ具体的には施策内容が決定していない部分が多いです。多くは一案となりますが、考えられるものを挙げていきます。

施行開始後3年間はプレミア価格(案)

全量買取制度が施行された平成24年7月1日より、最初の3年間はプレミア価格が適用される可能性が高いです。
電力会社の買取価格についてはこの期間以降、毎年見直しが図られるため、より早めに再生可能エネルギーを導入された方が有利となります。
再生可能エネルギーの普及拡大

再生可能エネルギーの普及については、この制度が継続的に施行されると考えると大きく拡大することが予想されます。
国内におけるエネルギー自給率が見直される中、再生可能エネルギーの拡大は将来的にも大きな財産となります。

発電事業

再生可能エネルギーをある程度の大きさで設置すれば発電事業として採算がとれるようになります。
また、この制度が広く普及することで、「リース会社から発電設備を借り受ける」や「貸し屋根」などの事業モデルも考えられます。しかし、それらに対する規定は現在検討中です。

土地活用

個人様でお持ちの遊休地・農地(耕作放棄地)・雑種地などの未活用の土地がある場合、売電事業地として活用できます。
発電した電力を電力会社に買ってもらうことで、ある程度の収入源とすることができます。

グリーン投資減税とは?

イメージ

グリーン投資減税の対象設備の定義が、平成24年度の税制改正に伴い下記のように変更されました(平成24年5月29日)

【変更後のグリーン投資減税の対象設備と税制優遇の内容】
①設備取得額の30%相当額を限度として償却できる特別償却に普通償却に加える
 (青色申告をしている法人又は個人を対象)
②設備取得価額の7%相当額の税額が控除される
 (青色申告をしている中小企業に限る)
③取得価額の全額を償却(100%償却、即時償却)できる特別償却
 (青色申告をしている法人又は個人を対象)
⇒風力発電、太陽光発電設備に関しては減税対象設備が現行よりも少なくなった上で①、②、③が適用可能で、その他の発電設備に関しては①、②が適用可能。


大きな地図で見る

■住所
〒803-0801
福岡県北九州市小倉北区西港町92-5
TEL:093-591-2333(代表)
FAX:093-591-2323

24時間365日受付